2017年 04月 02日 ( 1 )

3月の読書メーター

読んだ本の数:11
読んだページ数:2194


あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫)
惣次の奢っていく様が幸にかける言葉に現れてますね。知恵者から道具に…。
惣次が初心に返るのか、智ぼんさんでも関わってくるのか波乱に満ち満ちた展開です。
読了日:03月24日
著者:髙田 郁


ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
頁内に収まるよう書き下ろししたので、ドラえもん姿とか「ひゃっ」とかは削られてて残念でしたが、
ヒューマンドラマが追えるように整理されて分かり易くなっています。
SSも豊富で…モノクロになるかと思いきやオールカラーで読めて嬉しい限りです。
しかしコレ原作だとドラマでもカドゥケウスやアラガンロットは出てこないのか…。
バハは3層は兎も角、1層から追ってほしかったけど…枠足りないかぁw
読了日:03月19日
著者:マイディー


辺境の老騎士 バルド・ローエン(1) (ヤンマガKCスペシャル)
小説続刊出ないなー と思っていたらコミカライズ出てました。
元がグルメエピックとあるだけに焼き魚や簡単なスープ等のご飯を美味しそうに食べてます。
若い頃のエピソードを先に持ってきてから本編に入っているのは尺を縮める都合ですかね~。
次巻からはジュルチャガも出るようで楽しみです。
読了日:03月18日
著者:菊石 森生


魔法使いの嫁 7 (BLADE COMICS)
チセ自身やエリアスとの関係が変化してきて面白いです。
しかしカルタフィルスの闇にはずうっと関わっていくのでしょうかね…。
彼に関わる事でチセがどうなっていってしまうのかが怖いですね。
読了日:03月11日
著者:ヤマザキコレ


デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping? (講談社タイガ)
狙ってくるウォーカロンの目的も明確でない内にトランスファが…。
今後もデボラは関わってくるのでしょうか。
SFなんだけどハギリの哲学が幻想味を帯びることがあって
その雰囲気が相変わらず好きです。
ウグイが少しずつ人らしい表情を見せるようになったのが良いですね。
読了日:03月08日
著者:森 博嗣


BACCANO!(2) (ヤングガンガンコミックス)
フィーロの幹部昇格と時を重ねて”酒”を中心に色んな人が集まりはじめる。
アイザックとミリアは相変わらず明るくて良いですね。
3巻は多くの人が踊らされる感じになるんでしょうか。
アニメのあの辺の表現をコミックでどうしてゆくのか楽しみです。
読了日:03月05日
著者:成田 良悟,藤本 新太


BACCANO!(1) (ヤングガンガンコミックス)
アニメが好きでした。クトゥルフの呼び声TRPGする上で1920年代の参考資料用に。
マフィアの幹部に上がることを夢見る主人公と、その周りで起こる不可思議な噂が持ち上がってくる…。
作風がアニメの雰囲気とかと合っていて良いです。
読了日:03月05日
著者:藤本 新太,成田 良悟


怪物事変 1 (ジャンプコミックス)
妖怪モノ×解決屋。

主人公が感情を欠いている分強いのですが、どのように変化していくのか…。
読み易くてテンポも良いです。続きが楽しみな作品。
読了日:03月05日
著者:藍本 松

魔喰のリース 1 (ジャンプコミックス)
ひょんなことから捜査官に協力することになり、犯罪に残る魔力の残滓を追い事件を解決してゆく。
平たく、分かり易く言うと「サイコメトラー」の魔力/ファンタジー版みたいな感じですが、
主人公にはかなり謎が多いので次第に明かされてゆくのかな…?
魔力の味を特定出来る主人公を惑わすバリエーションを用意するのは大変そうですが面白そうです。
読了日:03月05日
著者:小田原 愛


ワールドトリガー 18 (ジャンプコミックス)
「ちっちゃい子斬ったらあかん顔」…w 生駒さんはいいキャラしてますね~。
反則負け含めマイペースで良いです。玉狛が決して強くないのも良いですね。
遊真は強いけれど戦力的に厳しくて心理戦などを上手く使っているトコロが。
そして東さんが伝道者になっているのに笑いました。
読了日:03月05日
著者:葦原 大介


憂国のモリアーティ 2 (ジャンプコミックス)
2巻も面白かったです。
彼のコンセプトはこんな風に解釈して彼の正義を貫くのだな~ と。
いよいよな人が登場し、モリアーティの作り出す舞台へ招待されましたね。
今後も楽しみです。
読了日:03月03日
著者:三好 輝


by yumadoi | 2017-04-02 05:46 | 読書 | Comments(0)