コレクション・パパラチアサファイア

f0031243_4484684.jpg
パパラチアサファイアはオレンジとピンクの中間の、蓮の花のような
微妙な色合いをしているものだけに与えられた特別な名称です。
ピンクが強すぎても、オレンジが強すぎてもパパラチアとは呼ばれません。
「King of Sapphire(サファイアの王)」と称され、産出量が極めて少ないために幻の宝石。
ただ一時期大変人気があったために認定する色幅が広がり、
更に表面の色を変色させる加工でピンクサファイアをパパラチアに見せかけるものまであった始末。
今買う分には(鑑別書つきなら)問題ないですが、ちょっと注意した方がいい石です。
私が持っているものは知人が自分のものとして大切にしていたもので、
色合いの認定が厳しかった時代のもの。
写真では色がちゃんと再現されてないのが残念;; もっと綺麗な色合いです。

by yumadoi | 2008-07-02 04:48 | コレクション | Comments(2)

Commented by あてぃ at 2008-07-02 13:21 x
「ぱぱらちあ」ってなんか、名前によくないイメージが(^^;
海外の追っかけカメラマンのせいに違いない!!
Commented by める at 2008-07-02 19:09 x
うんうん、似てるw
シンハリ語で「蓮の花」という意味だと
リアル知人なマイミクが言っておりました。

ロータスサファイアとかのが感じ良さそう…;