2014年 01月 02日 ( 3 )

レリクエ

f0031243_8125769.jpg
「我が愛馬にならないか?」
降神祭。
出ましたね、筋肉大好き男。


ユルルさんと老師のご協力の元、真タイタンをやって参りました。
いやぁ…白してるとSS撮る暇ないんですね…w

武器回収周回組が極に行っちゃったので真タイタンはカオスになる と聞いてましたが
皆慣れた感じの方々で難なくクリア。
難があるとすればケアルが間に合わなくて盾さん殺しちゃったことくらいですかね;
至らなくて申し訳ないです(--;
ぎゃぁーっユルルさんっ∑(゚□゚; てな局面もありましたが…。
f0031243_8131326.jpg
無事に武器入手です。

f0031243_8132485.jpg
スキル廻しも教えてもらいました。
ほー そうやるんだ~。
無知だったので勉強になりました!どうもありがとうね~(^^

by yumadoi | 2014-01-02 08:13 | FINAL FANTASYとか | Comments(0)

永遠の0


見てきました。こんな感じのね


文庫版が出た2009年くらいに読んで映画化したらいいなぁと思ってた作品。
百田さんが号泣した と言ってましたが、
最後に来るんじゃなくて、随所随所に泣き処がある感じ。

小説冒頭の序章がないなぁ と思ったら最後に出てきてましたね。
良い〆方かも。
そのちょっと前のシーンはやりすぎな感じはありますがw
タイトルに結び付けた強めのメッセージにはなるのかな~。
ちょっと楽しみにしていたエース坂井は削られてましたが;;
「話を聞いて回る」の流れで飽きさせない作りでした。
小説では辿り着いた先に衝撃を覚えましたが
答えを知っていた分?映画ではそれがなかったです…。残念。

パンフレットでは、宮部の旧知を演じる俳優さんたちが
自分の経験した戦争談を少し話して思いを寄せているのも良かったです。


宮崎駿やQ&Aサイトの投稿者が「偽物だ」とか言ってましたが…
史実をモチーフにしていても小説はフィクションだし?
偽物 て言う意味が分からない。
元々架空の話だよね? ノンフィク以外の小説って。
それ言ったらカプローニと夢でつながっている
「風立ちぬ」の方が余程奇天烈なファンタジーになりますよ@@;

by yumadoi | 2014-01-02 08:06 | リアル日常 | Comments(0)

2013年12月の読書メーター

読んだ本の数:12冊
読んだページ数:2648ページ

むしくいさま (もうひとつの研究所 パラパラブックスVol.8)

おぉぉ!?こんなギミックが!シュールで絵がキレイで素敵です。
読了日:12月30日
著者:もうひとつの研究所


海外では通じない おかしな〝日本人英語〟

日本語の言い回しで考えて文作ると意味の異なる英文になること多々ありますよね…。
そんな失敗談集。あと下手気に取り入れた
カタカナや和製英語も悪さしていると思いますよ。
テイクアウトなんて通じないですしね
読了日:12月29日
著者:海東鷹也


ねこまた。 1 (芳文社コミックス)

主に4コマ構成で被り物キャラ的なねこまたとのほのぼのです。
可愛いもの好きな人にはオススメ。
話も良い感じです。
読了日:12月28日
著者:琥狗ハヤテ


CLAY・LORD-土の王- 1巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

王道ですが面白い。
ゴーレムと継承者のお話。
2巻は一気に過去編かな?
読了日:12月15日
著者:鈴本純


CLAYMORE 25 (ジャンプコミックス)

プリシラの何故 が分かった巻。そしてクラリスとミアータの巻。
クラリスはやはり…特別になれたんだよ。
読了日:12月15日
著者:八木教広


IPPO 2 (ヤングジャンプコミックス)

クライアントは色んな理由で靴を求める。
最期に履きたい靴てのは最高だけどしんみりしますね…。
でも良い話。3巻も楽しみ。
読了日:12月15日
著者:えすとえむ


ヴェアヴォルフ - オルデンベルク探偵事務所録 (中公文庫

著者が恥ずかしがってましたが、たしかにまだ書きこなした感がない初々しい文体。
それなりにツッコミ処もあるのですがデビュー作ってことで。
妖精等がひっそりと共存するヨーロッパで起きる事件に巻き込まれていく…
オビにある「ゴブリンの内紛仲裁に向かう!」は間違ってないけれど
フェイクっぽいのがマイナス。
読了日:12月13日
著者:九条菜月


放課後ソードクラブ(2) (少年マガジンコミックス)

癖のあるキャラがまた増えてきましたね~。
増え方というか…展開が一足飛ばし的な感じ。
直刀は修羅の道を歩んできたんでしょうか。気になりますね。
読了日:12月12日
著者:永椎晃平


疾風ロンド (実業之日本社文庫)

最初がまず意外な展開を見せ、キャラのやりとりなんかがどことなく
ユーモラスで楽しめました。
真剣に取り組んでいるのに不謹慎ということで自粛…
こういうこと色んな局面であったんでしょうね。
その辺の後押しでキャンペーンと組んだりしてらっしゃるんでしょうか…。
ほのぼの感のあるミステリ
読了日:12月7日
著者:東野圭吾


ワールドトリガー 3 (ジャンプコミックス)

遊真の過去が、目的が明らかに…。
今後は本部との関わりが話を深くしていくのかな…?
三雲も意志は良いので報われるようになっていってほしいなw
読了日:12月7日
著者:葦原大介


ワンパンマン5 (ジャンプコミックス)

無免ライダーとのちょっとした友情が良いですよね。
読了日:12月5日
著者:村田雄介


刑事マルティン・ベック 笑う警官 (角川文庫)

以前読みたいと思っていたら絶版でしたが、新装再販したんですねー。
北欧の話で独特の暗さや個性のある人物が出てきます。
統率がとれてなさそうなチームでも
ちゃんとつながっている感じで事件を地味に追っていきます。
警察小説の金字塔。
読了日:12月5日
著者:マイ・シューヴァル,ペール・ヴァールー

by yumadoi | 2014-01-02 05:10 | 読書 | Comments(0)