カテゴリ:読書( 764 )

どれにしようか

宇宙に「終わり」はあるのか
宇宙の誕生と終焉 最新理論で解き明かす
不自然な宇宙 宇宙はひとつだけなのか

いずれも1000円程度で買える本。
ただテーマが被っているのでどれか1冊買えばいいかな と思ってます。
どれも面白そうですが…新しいものの方がより正確な場合が多いんですよね~こういう世界…

by yumadoi | 2019-08-12 20:39 | 読書 | Comments(0)

7月の読書

読んだ本の数:10
読んだページ数:3033


宮廷神官物語 七 (角川文庫)宮廷神官物語 七 (角川文庫)
曹鉄は今までにない環境でチョロく扱われてましたが、櫻嵐がきっかけをくれましたね。
鶏冠は真っ直ぐですね…曹鉄達と違い揺らがないトコロが見事。
天青が動かないと物語も動かないでしょうが、
鶏冠等の忠告に背いて展開が悪化するパターンが続くので、
そろそろ異なるシチュが欲しいところです。
1年経ったのならもう天青も学習しても良いはずですし…。
読了日:07月27日
著者:榎田 ユウリ


それでもデミアンは一人なのか? Still Does Demian Have Only One Brain? (講談社タイガ)それでもデミアンは一人なのか? Still Does Demian Have Only One Brain? (講談社タイガ)
わりとすぐに新シリーズ出ましたね。
最初の2人の会話で「おや?」と思いましたが、またあの面子に会えてうれしいですね。
離れているはずなのに巻き込まれていきますね…w
ロイディが最初でデミアンが最後だったのか…。
もう一度百年シリーズを読みたいな…
読了日:07月26日
著者:森 博嗣


薬屋のひとりごと(5) (ビッグガンガンコミックス)薬屋のひとりごと(5) (ビッグガンガンコミックス)
壬氏の下女編スタート。
「厩」でキリっとしている画や虚しく髪を拭かれる壬氏が楽しい。
羅漢の手の動きが彼の性格らしさをよく表してますね。
次巻は祭事まで行くかな…? 楽しみです。
読了日:07月26日
著者:日向夏,ねこクラゲ


王国物語 2 (ヤングジャンプコミックス)王国物語 2 (ヤングジャンプコミックス)
忌み子故に過酷な生きざまの双子。
雰囲気ある絵で絵物語のようですね。
腕の代償は次巻かな…?
読了日:07月25日
著者:中村 明日美子


SPY×FAMILY 1 (ジャンプコミックス)SPY×FAMILY 1 (ジャンプコミックス)
裏の顔を持つ3人が家族を演じるコメディ。
顔ぶれも面白いけれど、寄せ集めながら家族愛もあり、汚れ仕事を請け負うことで、
一般市民の生活を守ろうとする誠実さがあるのが良いですね。
読了日:07月21日
著者:遠藤 達哉


三鬼 三島屋変調百物語四之続 (角川文庫)三鬼 三島屋変調百物語四之続 (角川文庫)
だるま屋さんの話はユーモアもあって面白かったが、
宮部さんの本領はタイトルになっている「三鬼」ですね。
暗澹たる思いを背負い、もしくは蓋をして過酷な日々を生きていく上で生まれたもの…。
こういうのは上手いですね~。
色んなタイプの怪談を楽しめるのもおトク感があって良いですね。
読了日:07月20日
著者:宮部 みゆき


元社長秘書ですがクビにされたので、異世界でバリキャリ宰相めざします! (ベリーズ文庫)元社長秘書ですがクビにされたので、異世界でバリキャリ宰相めざします! (ベリーズ文庫)
レーベルの印象で読むと肩透かしを食らう、しっかりした西洋史トリップもの。
ヒロインの恋模様にはほぼ触れないので、西洋史と情と、
未来を知るからこそ取りたい行動とで奮闘する主人公を見る感じです。
まぁそういうAmazon書評だったので購入したのですが…。
読了日:07月14日
著者:桃城猫緒


傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 1 (BUNCH COMICS)傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 1 (BUNCH COMICS)
アントワネットお気に入りのベルタン嬢が主役と聞いて購入。
パリに出てくるまでの経緯と、今後関わってくるキーマンとのエピソードで1巻おしまい。
それぞれ腕1本?でヴェルサイユまでのし上がる3人が揃っている 
というのがまた面白いですね。
読了日:07月12日
著者:磯見仁月


蜜蜂と遠雷(下) (幻冬舎文庫)蜜蜂と遠雷(下) (幻冬舎文庫)
自分の中の音楽感が、進化する人、揺らがない人、改めて感じ入る人…
様々な表現で綴られているのがすごいですね。
突き動かされた明石や、「ここにある」と気付いた亜夜が印象的でした。
塵の締めくくりも…。素敵な物語だったなぁ。
読了日:07月07日
著者:恩田 陸


捨てられた皇妃 2 (フロース コミック)捨てられた皇妃 2 (フロース コミック)
最悪の未来を避けるために自ら動き出したアリスティア。
それによって他者の関わり方も変化してきて…まだ分からない事も多くて、
「これは何かの伏線なのかな?」と思いながら読んでいます。
友達が出来たのは良かった
読了日:07月06日
著者:iNA

by yumadoi | 2019-08-03 06:37 | 読書 | Comments(0)

予約中

色々予約していて、発売日を把握しきれない…

あきない世傳 金と銀(七)    8月7日
図書館の大魔術師(3)     8月7日
花野井くんと恋の病(4)    8月9日
後宮の烏 (3)         8月21日
千年狐 (二)          8月23日
すべての人類を破壊する。それらは再生できない。(2)8月26日
異世界居酒屋「のぶ」 (9)   9月4日
魔法使いの嫁 (12)       9月10日
天王寺さんはボドゲがしたい (2)9月13日

by yumadoi | 2019-07-30 05:23 | 読書 | Comments(0)

6月の読書

読んだ本の数:10
読んだページ数:2388
ナイス数:161

あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)
現代人の超ミニマリスト山上が、奈良時代へタイムスリップしてザ・質素を満喫する。
居候させてもらっている老の環境が変わっていくので、
当時の人達の生活とかが色々垣間見ることが出来て良いです。
壬申のLANがウケました。
読了日:06月30日
著者:石川 ローズ


モンスター・ホラーショウ―悪夢と迷宮へようこそ (現代教養文庫―ロールプレイング・ゲーム)モンスター・ホラーショウ―悪夢と迷宮へようこそ (現代教養文庫―ロールプレイング・ゲーム)
再読。
世界観などが自由に作れる設定な分ザックリしているというか、
ゲームブックに近いステータスと異世界召喚の元祖のようなシステム。
マスタリングの心得をしっかり伝えようとしているのが素晴らしいです。
読了日:06月29日
著者:J.H. ブレナン


童子軍鑑 2 (ヤングジャンプコミックス)童子軍鑑 2 (ヤングジャンプコミックス)
マグリットのかわいさが100だと…!?
Wizっぽいステータス表が毎回面白いです。
色々な国や集落を併呑しようとする帝国に対し、
反乱分子を集めていくような流れになるのでしょうか…?
過去の戦略VS戦略は面白そうですが、その辺にあまりページは割かれないので
”テンポが良い”と感じるか”物足りない”と感じるかは読み手によりそうですね。
読了日:06月22日
著者:小田 世里奈


童子軍鑑 1 (ヤングジャンプコミックス)童子軍鑑 1 (ヤングジャンプコミックス)
あまりメジャーではないノームを主役に据え、
異界の文字を読んで修得した軍略で襲い掛かる敵を払っていく。
主人公が読めた文字が日本語で、戦国時代の戦法を使っていくので
ちょっと異世界転生みたいな展開ですね。
ゴブリンが不気味で強敵なのが良い。
読了日:06月22日
著者:小田 世里奈


蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)
文庫化待って購入。
映画も楽しみですが、塵の演奏はどうなるのか…。
国際ピアノコンクールで演奏する4人に焦点を当てた物語で、
それぞれ個性的なバックストーリー、演出、スキル…とても面白いです。
引き込まれるので厚みは気にならないですね。
読了日:06月21日
著者:恩田 陸


ヴィンランド・サガ(22) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(22) (アフタヌーンKC)
シグやんの扱いがひどかったり、トルケルがなまはげだったり、
ペットをおねだりする幼児だったり…。
決闘も決戦もトルフィンらしく。
勿論戦うことが全てみたいな人達には納得されないですが…。
ヴァルキリーの迎えを待つ戦士が、最期に信仰が途絶えてしまうのが
何とも言えない余韻がありますね。
読了日:06月21日
著者:幸村 誠


薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ (5) (サンデーGXコミックス)薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ (5) (サンデーGXコミックス)
「いつものことだろ」という突っ込みがw
「なんでもありません」は顔出しNGでしたので、「真珠の涙~」の変化を楽しみに…。
いくつか持ち込まれた話がまとまりかけて次巻に続く…で終わってます。
鳳仙はこんな風になるのかぁ…。
読了日:06月19日
著者:倉田三ノ路


不見【みず】の月 博物館惑星2不見【みず】の月 博物館惑星2
またこのシリーズが読めて嬉しいですね。美和子もちょっと出てくるし。
VWA所属の新人・健が主人公の為、前作よりも物騒で不可解な事件が起こります。
色々皆抱えていて、それを昇華したり、抱えて歪んでしまったり…そんなものが見えてくる。
読了日:06月07日
著者:菅 浩江


ワールドトリガー 20 (ジャンプコミックス)ワールドトリガー 20 (ジャンプコミックス)
今巻も色々新たな戦略が目白押しで飽きさせないですね。
パーテーションやハイパー爆撃。
空閑の蹴りやホッパーがナイスフォロー。
チーム戦っていいですね。
読了日:06月06日
著者:葦原 大介


十三歳の誕生日、皇后になりました。 (ビーズログ文庫)十三歳の誕生日、皇后になりました。 (ビーズログ文庫)
終盤甘々ですが、帝位簒奪後の物騒な時期のミステリ仕立てで読み応えがあります。
数年後の2人も見てみたいですね。
読了日:06月03日
著者:石田 リンネ


by yumadoi | 2019-07-03 17:54 | 読書 | Comments(0)

5月の読書

読んだ本の数:24
読んだページ数:4425


すべての人類を破壊する。それらは再生できない。 (1) (角川コミックス・エース)すべての人類を破壊する。それらは再生できない。 (1) (角川コミックス・エース)
単行本化楽しみにしてました。とは言え、私は3~5版が全盛期で、
神納が見てたアイスエイジやミラージュくらいまでだったので、
「踏み荒らし」とか怖いなぁ と思いつつ堪能しました。
…まぁ緑は使ってなかったですが。
当時ほぼ皆無だった女性プレイヤーをヒロインに据えて青春してますね。
黒白デッキだった自分は2人を応援したいです。
古き良き時代ですね…。ゲムマでは今もMTGは盛況ですが。
読了日:05月26日
著者:横田 卓馬


ボクラノキセキ 20巻 (ZERO-SUMコミックス)ボクラノキセキ 20巻 (ZERO-SUMコミックス)
シロ…なの?色々とまだ思わせぶりなトコロはありますね…。
とにかくピリピリしている巻。
役職とは言え彼女も色々抱えてたんですね。
そして広木もちょっと切ないスタンスだなぁ…。
読了日:05月26日
著者:久米田 夏緒


奥薗壽子のスープジャーのお弁当 手づくりスープはカラダにやさしい!奥薗壽子のスープジャーのお弁当 手づくりスープはカラダにやさしい!
スープジャーに入る分量なので、
少な目の水、材料・調味料入れてちょっと煮立てておしまい という手軽さ。
1人分だと野菜の分量などがかなり面倒ではありますが、
時間や手間は少ないところが良いです
読了日:05月26日
著者:奥薗壽子


とんがり帽子のアトリエ(5) (モーニング KC)とんがり帽子のアトリエ(5) (モーニング KC)
炎を纏ったオルーギオ…カッコイイな!
ココ達が互いに出来ること、出来ない事を補い合って、
大人ほど大きな力ではないけれど、子供ながらの柔軟な発想で危機を乗り越えようとする。
でも力及ばず報われない展開が多いですよね…;
読了日:05月23日
著者:白浜 鴎


シグマフォース シリーズ12 スミソニアンの王冠 下 (竹書房文庫)シグマフォース シリーズ12 スミソニアンの王冠 下 (竹書房文庫)
レイチェルを思い出してひやひやしてました。
ギルド崩壊後から敵勢力は弱めですが、今回は特に…
ヴァーリャのアクションであっさり感が強いです。
キャット・モンクのペアによる活躍が良かったです。
読了日:05月22日
著者:ジェームズ・ロリンズ


楽しいバイエル併用 ファイナルファンタジー4楽しいバイエル併用 ファイナルファンタジー4
バトル曲はテンポが速いのもあって、比較的バイエル後半レベルであることが多いのですが、
Ⅳは75番程度の難易度で弾けます。
ゲーム終盤の曲は複雑になるのでバイエル終了程度が多いですが、
SFC最初のFFだけあって序盤は難易度低めで扱いやすいです。
読了日:05月20日


鹿の王 水底の橋>鹿の王 水底の橋
複数の策士が策を巡らし、それに乗ったり、
想定外の事が起こったりしながら物語と人は歩んでいく。
政治も絡んでミステリ要素もあり、読み応え十分。
タイトルの暗喩もさすがにうまいな と思いました。
読了日:05月19日
著者:上橋 菜穂子


黒狼(2) (アフタヌーンKC)黒狼(2) (アフタヌーンKC)
ウロフィリアって多いのかな…そういう事させるのがステイタスみたいなのがあるのかな。
飾らない人柄で他者を魅了していく佐之助は見てて飽きが来ないですが、
今回は纏足だからいいトコロのお嬢さんだったであろう春柱が残した感情が一番大きい。
読了日:05月18日
著者:百地 元


黒狼(1) (アフタヌーンKC)黒狼(1) (アフタヌーンKC)
原田佐之助が明治時代の満州にタイムスリップ・その導入編。
キャラが魅力的で引き込まれます。
アクションもパワフルで見応えあり。
読了日:05月18日
著者:百地 元


終わりの国のトワ 1 (トクマコミックス echoes)終わりの国のトワ 1 (トクマコミックス echoes)
「文字」と「女」が絶え、中世的な時代に逆戻りしている未来。
閉鎖的な場所で育ったためか、屈託がないのは良いですが
世間の一般知識が多く欠如しているのが気になります。
トラブルの種になるな~…と;
どんな風に世界が変わっていくのか大きな話になりそうで楽しみ。
読了日:05月18日
著者:土田 完


妖傀愚連隊1 (電撃コミックスNEXT)妖傀愚連隊1 (電撃コミックスNEXT)
捕食者と被食者が共存する…ちょっと背景がBEASTARSっぽい世界で妖怪版。
ちょっとおイタをする妖怪や、その立場を悪用する人間を武力なんかで収める話。
主人公が生まれ的に歪んでいて、これは変化していくのかな…?
読了日:05月18日
著者:スズキ 唯知


茉莉花官吏伝 〜後宮女官、気まぐれ皇帝に見初められ〜(1) (プリンセス・コミックス)茉莉花官吏伝 〜後宮女官、気まぐれ皇帝に見初められ〜(1) (プリンセス・コミックス)
原作未読。特殊な才はあるが活かすことが出来ず、
周囲が勝手に期待し落胆する様に苦痛を覚え、無難に生きようとする主人公。
彼女を見出し、茨の道に押し上げる珀陽。
かつての性差による価値観の差や、
茉莉花の心理描写が分かり易く描かれていてサラっと読めると思います。
読了日:05月16日
著者:石田リンネ,高瀬わか


メディチと薔薇の娘 (プリンセス・コミックス)メディチと薔薇の娘 (プリンセス・コミックス)
全1巻だったのですね…。続くのかと…。
メディチ家の当主とその姪の周りで起こる小さなミステリ。
キーワードの由縁と名前が結び付いて、収束するのは上手いな と思いました。
読了日:05月16日
著者:長池とも子


ライドンキング(2) (シリウスKC)ライドンキング(2) (シリウスKC)
「景気のいい名前」に笑えた。
ベルの隠し玉をプルチノフは上手く扱えるだろうし、3巻は面白くなりそうですね。
累計部数を支持率という帯もセンスいいな。
読了日:05月09日
著者:馬場 康誌


アルスラーン戦記(11) (講談社コミックス)アルスラーン戦記(11) (講談社コミックス)
ダリューンやトゥース達ほどの派手さはないですが、アルスラーンも武芸は秀でていますよね。
エステルとの対話が良かった。宗教を掲げた戦争って、
自分たちに都合のいい解釈をして始めるものね。
そして正論が通じない…だから争う みたいな。
ギーヴの離脱がちょっと寂しいな。
読了日:05月09日
著者:荒川 弘


マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合 (2) (角川コミックス・エース)マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合 (2) (角川コミックス・エース)
けっこう人が死んだりして過酷な世界。
築いた人間関係があっさり終わる無常さのある世界。
ダンジョンやモンスターの設定がしっかりなされているのが好感度高いです。
読了日:05月08日
著者:佐伯 淳一


マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合 (1) (角川コミックス・エース)マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合 (1) (角川コミックス・エース)
過剰なチラリズムが多いですが、内容は硬派。
…サービスが浮いているような…;
キャラクターの装備そのままで異世界に飛ばされるモンスターホラーショウのような設定。
UIとかレティクルはFPSの最新式感が出ていて、テンポも良く読み易いですね。
読了日:05月08日
著者:佐伯 淳一


宮廷神官物語 六 (角川文庫)宮廷神官物語 六 (角川文庫)
表紙は苑遊かな?
巻末で盛大な茶番が演じられましたが…チャンウがそっち側だったのかな。
ああいうものがあれば、荒れる元とはなるだろうことは予測つきましたが…
血生臭い王宮らしい展開になるのでしょうかw

読了日:05月06日
著者:榎田 ユウリ


宮廷神官物語 五 (角川文庫)宮廷神官物語 五 (角川文庫)
櫻嵐の漢っぷりが良い。
天青とのコンビもテンポ良く、互いに山野暮らしが長いので
流民暮らしも全く堪えないところが逞しい。
巻末はあの人かなぁ…?と匂わせて完。
読了日:05月06日
著者:榎田 ユウリ


宮廷神官物語 四 (角川文庫)宮廷神官物語 四 (角川文庫)
分かり易い物語なので当然の流れなんでしょうが…
主人公側が次々と奸計に陥れられていて、こんなに立て続けに相手に動かれて炙り出せない
 はないだろう…;と思ってしまいます。
世界も展開もファンタジーだなぁ。
天青はいつでも自分を貫き、それを見守ってくれる人たちがいる
 という在り方が温かいですね。
読了日:05月06日
著者:榎田 ユウリ


19歳の夫には秘密がある(1) (アイプロセレクション)19歳の夫には秘密がある(1) (アイプロセレクション)
Amazon評価にあったように男性にも読んでほしいTLかも。
普通の社会人経験がない青年とアラサーなキャリアウーマンが互いの利害の為結婚しているのですが、
Hシーンで男性が勘違いし易い女性の身体の特徴や、
身体の触れ合いに何を求めているかが説明されていたりする。
エロ同人よりも教科書になるんじゃないかな…。
TLじゃ気分は盛り上がらないだろうけど…。
八幡さんは意外にいい人なのか…良く分からないけれど
卯月の良きアドバイザーであってほしいな
読了日:05月04日
著者:RIN。,伊吹 芹


宮廷神官物語 三 (角川文庫)宮廷神官物語 三 (角川文庫)
市井で目の当たりにしたことを学び、政の在り方を考えていく天青。どんどん成長していきますね。
伏線や敵も多く、どのように絡めていくのかが楽しみです。
読了日:05月04日
著者:榎田 ユウリ


恋とごはんと虹色日和 (思い出食堂コミックス)恋とごはんと虹色日和 (思い出食堂コミックス)
婚活の料理教室で知り合った年下君と、色んな悩みや思いを積み重ねていく過程に、
気取らない料理を添える物語。
一話一話何気ないようで素敵です。
「勇者のエプロン」がツボですw
読了日:05月03日 著者:浅野 りん


宮廷神官物語 二 (角川文庫)宮廷神官物語 二 (角川文庫)
書生として宮廷入りし、常民としての洗礼を受けることになる天青。
鶏冠の手を差し伸べたいが、立場上公平でないといけないというもどかしさが何とも…。
姫君はキーマンになっていくのかどうかも楽しみ。
読了日:05月03日
著者:榎田 ユウリ

by yumadoi | 2019-06-02 11:30 | 読書 | Comments(0)

人気出そうだなって漫画

天牢のアヴァロン
OOKAMIRISE
黒狼
妖傀愚連隊
東島丹三郎は仮面ライダーになりたい

青年誌系はこんなかな…

by yumadoi | 2019-05-18 07:43 | 読書 | Comments(0)

4月の読書

読んだ本の数:8
読んだページ数:1812


シグマフォース シリーズ12 スミソニアンの王冠 上 (竹書房文庫)シグマフォース シリーズ12 スミソニアンの王冠 上 (竹書房文庫)
「幼虫ってよりクマムシに見える…」と思ったらクマムシでしたw
「アマゾン源流生活」で、生きた人等を苗床に選ぶ節足動物が実際いるのは知ってますが、
攻撃性の高い生物にその能力があると手に負えませんね…しかも統率力が高いとなると。
著者は妖怪伝承なんかもよく調べてますね~。
その辺でニヤリとしてしまいました。
そしてセイチャンのセリフで下巻へ引く!
読了日:04月29日
著者:ジェームズ・ロリンズ


概念ドロボウ(1) (アフタヌーンKC)概念ドロボウ(1) (アフタヌーンKC)
認識や考え方?等の在り方の思念を盗む泥棒VS同じような能力を持つ探偵。
こういう設定はないわけではないですが、発想が面白いですね。
ただり盗んだ側があまり得をする気がしない…。
盗まれた側…被害者の様子も興味深いものでした。
「コレがないとこうなっちゃうんだなぁ」と。
読了日:04月29日
著者:田中 一行


オオカミライズ 1 (ヤングジャンプコミックス)オオカミライズ 1 (ヤングジャンプコミックス)
日本が中露に占領された未来。脱走した人間兵器にそれを追う友人達…。
気になる所は満載ですね。
アクション多くて見処も多いです。
読了日:04月26日
著者:伊藤 悠


ブサメンガチファイター(3) (ビッグガンガンコミックス)ブサメンガチファイター(3) (ビッグガンガンコミックス)
クセが強く他者に害成す転生者に遭遇していくしげる達。
彼らのPTメンバーにも転生前の謎とか色々あるんですが、
ゴールを目指す途中で逢う転生者のいなし方も面白いです。
比較的穏便で暴力に訴えないトコロが…。
読了日:04月25日
著者:弘松 涼,上月 ヲサム


天牢のアヴァロン(1) (モーニング KC)天牢のアヴァロン(1) (モーニング KC)
宇宙を移動するSFから、事故で不毛な土地へと縛りつけられ文明を中世まで逆行することに。
アナスタシアがどういう状況で過去と変わらないサイクルなのか、
ジュノーが見ている先なんかが気になる作品。
読了日:04月20日
著者:藤澤 紀幸


虫封じ〼 (文春文庫 た 96-1)虫封じ〼 (文春文庫 た 96-1)
気鬱の病を通常見えぬ虫の仕業として、患う人達を救う影郎。
こじれた関係までも修復する人情もので、読み易く楽しめました。
続きが出そうな終わり方でしたね。
2巻も出たら読みたいです。
読了日:04月20日
著者:立花 水馬


ダンジョン飯 7巻 (ハルタコミックス)ダンジョン飯 7巻 (ハルタコミックス)
マルシルの造形センスに奇跡がw
ミノタウルスの牝って作者のセンスも素晴らしいです。
PT自体は最後に轍を踏んでましたが…PTの周囲で様様な動きがあった巻。
色々な思惑や伏線がライオスたちに絡んできて濃厚な1冊でした。
読了日:04月13日
著者:九井 諒子


クトゥルフ神話TRPG ノベル オレの正気度が低すぎる (ドラゴンノベルス)クトゥルフ神話TRPG ノベル オレの正気度が低すぎる (ドラゴンノベルス)
探索者シートのキャラのまま、TRPGのシナリオの世界に転移?する話。
適当に作ったキャラで~ということでSIZによる制限を受ける小学生キャラで、
SAN値が50ない…。
リプレイ形式よりもプレイヤーの考え、キャラの能力に振り回される様子や
システム縛りが掘り下げられています。
著者がTRPGに関わっている方なので、シナリオの世界に入り込んだ理由付けも
明確にされていて、ラノベの異世界転生よりはやはり世界設定がしっかりしてます。
原作にちなんだエピソードや登場人物もいて、ニヤリと出来るのも良いですね。
…CoCしたいな…
読了日:04月01日
著者:内山靖二郎/アーカム・メンバーズ


by yumadoi | 2019-05-01 16:39 | 読書 | Comments(0)

不見の月

f0031243_08043846.png
たまたまAmazonで続刊出ることを知り購入。
「永遠の森」をのごさんに勧められてから、ずっと好きなSFなので嬉しいですね。
19年越しかぁ…

あと最近気になるSFは
火星無期懲役
言鯨16号
かな。

by yumadoi | 2019-04-20 08:13 | 読書 | Comments(0)

面白い本

「面白い本を貸してほしい」と母の友人から言われる。

イチオシはHPL系ですけどねぇ…一般の人には貸せない狂気の世界ですしねぇ…。
・・・ドラゴンランスはどうだろう;?
ひとまず、ホビットの冒険とか入れておこう。

手持ちも偏っているので…小説はミステリよりですね。
ノンフィクションのサイエンス系は面白いけれど、やはり人を選ぶかな?
漫画は…少女マンガを良く買っていた人 と記憶しているのですが
私の手持ちはほぼ青年漫画…。
絵が綺麗なもの中心にオススメしますか。

by yumadoi | 2019-04-12 21:22 | 読書 | Comments(0)

3月の読書メーター

読んだ本の数:13
読んだページ数:2516


心霊探偵八雲10 魂の道標 (角川文庫)心霊探偵八雲10 魂の道標 (角川文庫)
暫く番外編ばかり出ていたので、頭の中からすっかり本編が抜け落ちてます。
筆者もその辺を考慮して、主な登場人物には前巻までの経緯が簡単につけられていますね。
晴香のフォローで、八雲がようやくトラウマや、相手と向き合う覚悟を決めた巻。
けっこう読み応えあって満足。
読了日:03月31日
著者:神永 学


エルフと狩猟士のアイテム工房(2) (ガンガンコミックス)エルフと狩猟士のアイテム工房(2) (ガンガンコミックス)
ユラもマグリットも含んでいそうですね。
特にユラですが。1話ごとに便利なアイテムを作る1巻が序章で、2巻から主軸が出てきた感じです。
どんな風に進んでいくのかな…
読了日:03月23日
著者:葵 梅太郎


恋糸ほぐし 花簪職人四季覚 (実業之日本社文庫)恋糸ほぐし 花簪職人四季覚 (実業之日本社文庫)
寺に持ち込まれる恋の相談にも応じるが、メインはそこではないのでタイトル買いすると
「あれ?」となってしまうかも。
八方美人が災いして職も棲み処も失った忠吉、乱暴者だが根は優しい大吉、
全てを見据えた杉修和尚が、心も耳も閉ざしてしまったさきを
見守りながら謎を探るのは良かったです。
お料理が美味しそうでしたね。
読了日:03月20日
著者:田牧 大和


ピアノ曲集 風の谷のナウシカ (楽譜)ピアノ曲集 風の谷のナウシカ (楽譜)
まだ弾けるレベルではないが、絶版になる前に と購入。
ジブリ曲集は多く出ているのですが、サントラとか1作品きちんと聞いているのは
ナウシカとラピュタだけなので、作品別の曲集を選択しました。
でも「風の谷」はないんですね…。あの曲好きなのですが…;;
読了日:03月18日


花野井くんと恋の病(3) (KC デザート)花野井くんと恋の病(3) (KC デザート)
作者コメントにあるようにようやくスタートライン…。
でもここまでの工程を丁寧に描いているところが良いです。
変化を恐れるほたると喪失を恐れる花野井くん…ほたるはがんばっているけれど、
花野井くんのは一筋縄ではいかないだろうな…。
八尾くんの伏線もあったし波乱がありそうですね。倉田に決めた裏拳がツボでした。
読了日:03月13日
著者:森野 萌


誰かこの状況を説明してください!  ~契約から始まるウェディング~ 2 (アリアンローズコミックス)誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~ 2 (アリアンローズコミックス)
Rentaで既読。
お飾りを持ち掛けたのをやり返されている場面は見てる側もスッキリw
コミカライズで、ヴィオラの軽快さがよく表現されてますよね。
騎士団のお姉さま方とか速く出てこないかなぁ
読了日:03月13日
著者:木野咲 カズラ


転生魔女は滅びを告げる 1 (フロース コミック)転生魔女は滅びを告げる 1 (フロース コミック)
花ゆめとかにありそうな設定ですね。
疎んじられた王子と限定的な魔法しか使えない転生者が、支え合うかと思いきや、
イキナリ主軸に突っ込んだ感じに。
テンポが速くて読み易いです。
読了日:03月11日
著者:sora


魔法使いの嫁 11 (BLADE COMICS)魔法使いの嫁 11 (BLADE COMICS)
教会の動き、人外の動き、学生たちの動き…色々絡み合って面白いですね。
皆含んでいることがあるなぁ
読了日:03月09日
著者:ヤマザキコレ


自称悪役令嬢な婚約者の観察記録。〈2〉 (レジーナブックス)自称悪役令嬢な婚約者の観察記録。〈2〉 (レジーナブックス)
バーティアの義務感やらで紆余曲折はあるものの、丸く収まって完。
ヒロインも話を聞かないタイプなので、微妙にキャラ被りなのが…。
まぁ口調や攻撃性は違うのだけれど。相変わらず冊子作っている所が良いですねw
読了日:03月08日
著者:しき


自称悪役令嬢な婚約者の観察記録。〈1〉 (レジーナ文庫)自称悪役令嬢な婚約者の観察記録。〈1〉 (レジーナ文庫)
転生者なのに愚直すぎる悪役令嬢…。破天荒な行動は面白く、王太子目線で楽しめます。
ただ、これだけおバカだと前世は何歳だったのだろうと思ってしまいます…w 
ほのぼのしてて気軽に楽しめます。
読了日:03月07日
著者:しき


天王寺さんはボドゲがしたい 1 (バンブーコミックス)天王寺さんはボドゲがしたい 1 (バンブーコミックス)
「放課後さいころ~」が百合っぽくなり買わなくなって、こちらを購入。
…まぁこちらも女性ばっかですが。ターゲット的に仕方ないのかな…。
ボドゲの雰囲気やつかみを知ってもらうためなのか、ガイスターやカタンのルールには触れず、
見る人が見れば「ああ、盗賊か…。」みたいなシーンも。
まだ序章すぎて面白いかどうかは判断しかねますが、主力キャラは個性が立ってますね。
読了日:03月07日
著者:mononofu


異世界居酒屋「のぶ」 (8) (角川コミックス・エース)異世界居酒屋「のぶ」 (8) (角川コミックス・エース)
寒い日の温かい食事に、相手を温かく思いやる巻。
どの皿も美味しそうに描かれてて、どれも美味しそうに頬張る表情が良いです。
土鍋豆腐もシンプルで美味しそうですね。
読了日:03月04日
著者:ヴァージニア二等兵


薬屋のひとりごと 8 (ヒーロー文庫)薬屋のひとりごと 8 (ヒーロー文庫)
Web版にないプロローグと、進んだところとで8巻終…
囲碁の方は詳しい手は書かれてませんが、
巻の終盤みたいな骨を切らせて~作戦だったのでしょうか…。
なりふり構ってなかったし…w
色々布石を打って猫猫にも主上にも手が無いようなところまで持っていきましたね…。
壬氏の執念恐るべし…。
飛蝗の件もあるけれど、内部でも揉めそうですね~。続きが楽しみ。
読了日:03月03日
著者:日向 夏

by yumadoi | 2019-04-01 08:15 | 読書 | Comments(0)