<   2019年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

OP

FF1か2のOPをピアノで。

移動が大きい左手和音がね…鍵盤すぐに抑えられませんね~;
でもまぁ及第点…というか、ポピュラー系はクラシックほど弾きこまずに次に進みます。
家で指の練習がてらに弾けるようになった曲弾いておいてね て感じ。
まぁ子供ピアノじゃないから…その道に進むわけでもないのでしっかり弾く必要も無し。

で、次の課題曲…「バイエル〇番程度」で選ぶとDQの「広野を行く」なんですが…
DQはFFよりも音が多く、FFとDQでは70番程度~とかでも難易度に差がある感じです。


左手のピコピコ部分が覚えるまで大変かな…
先生:「次回まで少し間空くからもう1曲やりましょうか」



穏やかそうなものを選びましたが…;
私は覚えるまでは楽譜見ますが、最終的には暗譜になります。
暗譜というか、楽譜見ながら弾く、みたいなブラインドタッチが難しいので
(PCよりは簡単だけど黒鍵がね…)
指運びや鍵盤位置を覚えたら鍵盤だけ(主に左手側)を見て弾くスタイルです。
知っている曲なので主旋律はなんとなく弾けるってのが大きいですね。

…左手部分覚えられるかな~;
全てはそれにかかっているんですが…
DQのピコピコがなぁ…ちょっとずつ音変わるからなぁ…

by yumadoi | 2019-02-23 17:38 | ピアノのお稽古 | Comments(0)

電動歯ブラシ

歯並びが悪いので歯磨きが上手く出来ない…というか、
磨き残しが気になる。
調べた所、歯並び悪い人は断然電動歯ブラシだそうで…。
音波、超音波とか色々比較したりして、フィリップスのソニッケアーにしました。
モードは単一のシンプルなヤツ。
ブラウンとかはよく落ちるけれど、歯並び悪いと上手く当たらないらしいので。
安価なのにしたのは、まぁ自分に合うかどうか分からないから。
色んなメーカーあるしね。
良かったら上位種にしてもいいし。

ステインやプラークが綺麗に取れたらフッ素入りのを使っていこう


by yumadoi | 2019-02-10 17:59 | リアル日常 | Comments(0)

仕事が…

難しいな。
業務量多すぎて体がキツイ とかそういうのではなくて
業務内容が当初の話とけっこう異なる ということ。

議事録とかパワポ資料作成メイン で立ち上げた事業所ですが、
いざ蓋を開けてみると、3D-CADを使用する業務が多い。
ここ3連続で3D-CAD使っている。
待機中に3D-CADを使った研修をMGは受けさせようとしていたけれど、結局流れてしまっており
3D-CADの使用法がよく分からないまま実務 というのがキツイ。

受入れ教育も何だかやれてないし。

8年前に独学で学んだものの、日本語版で基本的なパート、ジェネレイティブ、アセンブリの
よく使用するアイコンしか使ったことが無い状態で、
英語版でエレメントの投影だの、スケッチのプロファイル作成だの、検証用データ作成だの
使用したことがないツールばかりを使っていく。
こんな操作持ってたマニュアルにも載ってないだろうなー…

3-CAD使うのは楽しいけれど、実際使用するのは怖いですね。
操作がよく分からないから。
機密データ触っているわけだし。

by yumadoi | 2019-02-06 21:02 | リアル日常 | Comments(0)

チェックしているボードゲーム

『ラスベガス・ロイヤル』
「ベガス」欲しかったんですよね~。

『エラ:中世』
「ロール・スルー・ジ・エイジ」はけっこう好きです。
個人ボードも木製で重いですが、スティック刺して資産管理するのが独特。

『ヌイグルミ騎士団と少女の夢』
BGGで評価良いですよね。
1人でも遊べるし。
フォギュア多いのでちょっとお値段はりますが…

by yumadoi | 2019-02-05 20:53 | テーブルゲーム | Comments(0)

1月の読書メーター

読んだ本の数:9
読んだページ数:1831


天才 藤井聡太 (文春文庫)■天才 藤井聡太 (文春文庫)■
興味深く読みました。
ソフト世代として、今までの定石とは異なる指し筋を持つようですが、
同世代が台頭してこなければ、単に彼自身の才能…となるそうで…。
実際今A級棋士に勝利していますし、序盤も受けも攻めもこなすようですし、
すごい人が出てきましたよね。
波に呑まれまいとして藤井さんの前に立ち塞がる20代棋士の話も良かったです。
読了日:01月29日
著者:中村 徹,松本 博文


オートマン(1) (モーニング KC)■オートマン(1) (モーニング KC)■
人間の血液を使って動く自動者にまつわる物語。
並行世界系のSFですね。現在の地球より少しロボットが活躍しているくらいの。
杁川の心の闇が深そうですね…。淡々としているようで内面ドロドロしてそう…。
読了日:01月21日
著者:柞刈 湯葉,中村 ミリュウ


ライドンキング(1) (シリウスKC)■ライドンキング(1) (シリウスKC)■
国を乗りこなしていた某大統領が、異世界トリップで
ファンタジー動物を乗りこなすのに憧れる話。
可愛らしい動物にトキメいたり、エンチャントとかの言葉は
サッパリ理会出来ない(下地が無い)ところが良いですね。
設定も展開もギャグなので、その辺楽しめる人に。
読了日:01月21日
著者:馬場 康誌


花野井くんと恋の病(2) (KC デザート)■花野井くんと恋の病(2) (KC デザート)■
ほたるちゃんゾーン気になりますね!
2人ともトラウマがあって現在に至るという感じなのかな?
壁を作ってしまったような過去話は追々出てくるんでしょうね。
ギクシャクしながらも近づいていく2人が幸せになれるといいなぁ。
読了日:01月16日
著者:森野 萌


花野井くんと恋の病(1) (KC デザート)■花野井くんと恋の病(1) (KC デザート)■
恋愛依存症の花野井くんと恋愛不感症のほたる。
とても極端な2人ですがその分息は合う…のかな?
花野井くんがかなり重いですが上手くいなしていけそうです。
純愛で可愛らしい作品。
読了日:01月16日
著者:森野 萌


ハクメイとミコチ 7巻 (ハルタコミックス)■ハクメイとミコチ 7巻 (ハルタコミックス)■
騎鳥便、ジェダの罪悪感とのせめぎ合い、弔い酒が好みです。
洗濯騒動も賑やかで良いですね。
皆仲良く、それぞれのリズムで生き生きしてますよね。
読了日:01月15日
著者:樫木 祐人


後宮の烏 2 (集英社オレンジ文庫)■後宮の烏 2 (集英社オレンジ文庫)■
王の血関連は1巻で片付き、今度は烏妃が烏妃たる由縁に繋がっていく。
高峻は人格者で理解者でもあるが、阻むものが色々ありますね…。
寿雪には少女らしい生涯を送ってほしいけれど、ままならないのでしょうね…。
読了日:01月08日
著者:白川 紺子


鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (Documenta Historiae Naturalium)■鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (Documenta Historiae Naturalium)■
再読。
文庫も出てますが所持しているのは1995年刊行の愛蔵版。
WWⅡで偶然辿り着いた群島にはトガリネズミから進化した不思議な生物がいたが、
原爆で研究者も調査員も不思議な生き物も島ごと消滅した…
という設定で書かれた学術書。
こういうものを如何にも本物らしく書かれているのがスゴイし、
ユーモアあります。
読了日:01月07日
著者:ハラルト シュテュンプケ>


ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~ (1) (角川コミックス・エース)■ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~ (1) (角川コミックス・エース)■
それぞれの種族の特徴や文明を活かしたコミュニケーションが面白い。
緩い感じなのにその辺の設定がすごくしっかりしていて読み応えあります。
そして「ワン!(翻訳不能)」が気になりますw
読了日:01月03日
著者:瀬野 反人

by yumadoi | 2019-02-03 11:25 | 読書 | Comments(0)